夢とは?

松山市にあるクレープ屋CREPE & CAFE Hi5です

夢ってみんなありますよね?

今は無いかもしれませんが、今までで一度は夢や希望を抱いたことだと思います。

ちなみに小学生の頃、僕の夢はサラリーマンになる事でした。

スーツを着て仕事するのにあこがれてたからですかねwww僕は店に来てくれてるお客さんに、何度か顔を見たことある

いわゆる常連さんになってくれた方たちに

タイミングを見て「夢はありますか?」と、聞くときがあります。

照れくさそうに夢を教えてくれます。

ある女子中学生は「ロボットを作りたいです」

ある男子高校生は「医療福祉士になりたいです」

その友達は「ゲームクリエイターになりたいです」

ある女子高生は「海外で薬剤師になりたいです」

本当に様々な未来を各自描いててすごいなぁと思いました。

このお客様たちが、2年後、3年後にもっともっと

夢に向かって具体的に何かをはじめたら

それはまた面白いんだろうなぁと、うらやましく思います。

夢は【きっかけ】であって、ゴールではない。

僕はそう思います。

夢を掴んだ人は向上心を無くし、そこに留まるわけではなく

更に上の目標に向かって進んでいくのかなぁ?なんて思います。

夢は自分の生きがいの【きっかけづくり】にすぎないのです。

「興味のあることは、どんどんチャレンジしたほうがいいよ!」

学生たちにそう言ってみると本当にみんな目を輝かせて

「頑張ります!」と、応えてくれる。

「落ち込んでるときによく店に来て、店長さんに元気をもらうんです」

なんて言われることもありました。普通にうれしいです。

今日来てくれた学生の子もそう言ってくれました。

 

こんな僕で良ければ、いつでも話も聞きますし、相談にも乗ります。

立ち止まっていたら後押しだってします。

お店に来てくれた時は気軽に声をかけてくださいね。

みなさんに【きっかけ】が与えられますように。

この記事を書いた人

岩井 隼人
岩井 隼人CREPE & CAFE Hi5 オーナー
2009年の東日本大震災をきっかけに【便利になりすぎた日本】で何不自由なく当たり前のように生きている自分が嫌になり言葉も地理も分からない東南アジアを携帯電話やインターネットの環境も断ち、2カ月間バックパッカーをして何も無い体一つの状態で生活してみる、そこで沢山の人々と接して生活していくなかで人とのコミュニケーションの大切さを知る。

コミュニケーションの大切さや日本の良さ、これからの日本のあり方を若者やお年寄りの方と話し合えるような場所、人が集まるような場所を作りたくて「老若男女集まるにはクレープ屋だ!」と、思いクレープ屋をはじめる。

多くの人に生きる喜びを伝えていきたいです。

このままでは人間は人工知能に支配される。と、本気で思っている(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です