1年が経ちました。

松山市にあるクレープ屋Hi5(ハイファイブ)です。

気が付けばあっという間に1年が経っていました。
本当にあっと言う間でした。

毎年毎年、本当に時が経つのが早く感じます。
以前おじいさんにこんな事を言われたことがあります。

成長するにつれ、一生のうちの【1年は】1分の1から、成長した分の1になる。だから早く感じる。

つまり、自分はいま34歳なので

【34分の1】の時間を過ごしたことになります。

そう考えると、50分の1、60分の1の時間はめちゃくちゃ早く感じるんじゃないのかな?なんて不安にもなります。

よくお年寄りと会話していると「自分はもう片足を棺桶に突っ込んでるから」などと表現しますが、本当にそんな思いになりそうです。

1分の1は濃いですが、34分の1は本当にあっという間に終わってしまいますね。
これからも一日一日を大切に生きていきたいと思いました。

あ!それと、こないだ近所の工事をしている警備員のおじさんがソフトクリームを買いに来てくれました。
このおじさん、僕が18歳、22歳、28歳、34歳の今。
何気ない生活の中でばったり会うのです。

名前も知らないですが、会ったら一言二言会話をしていたように記憶しております。

このときも「おいちゃん!よー会うね!」「やっぱりあの時の兄ちゃんか!」と、会話を交わしました。

名前も知らない二人なのに、「今はこうしてる~みたいに」いろんなことを語り合っていました。

また何年か経った後も会うんでしょう。

おいちゃんもまだまだ【やりたい夢】があるそうでとてもワクワク話してくれました。

自分にとっても、お客さんにとっても
出来る限り沢山の人と出会い、再会を実現していきたいと思います。

この記事を書いた人

岩井 隼人
岩井 隼人CREPE & CAFE Hi5 オーナー
2009年の東日本大震災をきっかけに【便利になりすぎた日本】で何不自由なく当たり前のように生きている自分が嫌になり言葉も地理も分からない東南アジアを携帯電話やインターネットの環境も断ち、2カ月間バックパッカーをして何も無い体一つの状態で生活してみる、そこで沢山の人々と接して生活していくなかで人とのコミュニケーションの大切さを知る。

コミュニケーションの大切さや日本の良さ、これからの日本のあり方を若者やお年寄りの方と話し合えるような場所、人が集まるような場所を作りたくて「老若男女集まるにはクレープ屋だ!」と、思いクレープ屋をはじめる。

多くの人に生きる喜びを伝えていきたいです。

このままでは人間は人工知能に支配される。と、本気で思っている(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です