愛ある雫~高橋創~日本舞踊公演【回帰】

松山市の出会いを産むクレープ屋Hi5(ハイファイブ)です

おひさしぶりです今日から12月ですね。
さて、今回は先日行われた

高橋創

さんの公演について書いていきたいと思います。


11月22日に松山市民会館(能楽堂)で行われた
高橋創、日本舞踊公演【回帰】
行ってきました。

闘病中とは思えないほどの大迫力の演技でした。
僕自身、日本舞踊をマジマジと見るのは初めてだったのですが

とにもかくにも【感動した】と言う表現方法しか思いつきません。


同時に林亮志さんも一緒に舞っておられました。
お二人ともお店に来てくれて存在を知ったのですが
只者ではありませんでした・・・数々のご無礼をお許しください(笑)

高橋創さんは「多くの人にもっと日本舞踊を知ってもらいたい」
との想いで、入場料は無料に・・・・。

そしてなんと、夜ご飯時だからお仕事帰りの人はお腹も減ってるかもしれない。
との想いで、会場内では軽い食事を用意して本当にいろんなところにまで気を配られてました。

そしてもっと驚きなのが舞台裏。
以前高橋さんがお店に来てくれてた時、ちょうど店に居合わせたダンサーを目指す学生に放った言葉。

「ダンスを勉強するのもいい、でもダンスを踊れる環境、舞台裏も勉強しなさい」
たくさんの人の協力のおかげで、自分が舞台に立てているんだ。
その、当たり前にも【感謝】の気持ちを日々持ちなさい。

と、楽屋から袖に至るまでの舞台裏を一般公開!

 

 

 

本当に本当にいい舞台を見れました。

そんな高橋さん・・・次はなんと

高橋創作品展「夢寐」

夢の中の記憶を辿る

新作「回廊」を発表
今までの作品も一挙に展示されます

2017年12/8(金)~10(日)
入場無料

初日13:00~
最終便15:00まで

どこまでも突っ走りますねぇ~。

一生懸命ついていこう!

 

って事で、こちらの作品展も入場無料なのでお時間ある方は是非。

 

さらにその後もスケジュールありますが、それはまた別の記事で。

 

この記事を書いた人

岩井 隼人
岩井 隼人CREPE & CAFE Hi5 オーナー
2009年の東日本大震災をきっかけに【便利になりすぎた日本】で何不自由なく当たり前のように生きている自分が嫌になり言葉も地理も分からない東南アジアを携帯電話やインターネットの環境も断ち、2カ月間バックパッカーをして何も無い体一つの状態で生活してみる、そこで沢山の人々と接して生活していくなかで人とのコミュニケーションの大切さを知る。

コミュニケーションの大切さや日本の良さ、これからの日本のあり方を若者やお年寄りの方と話し合えるような場所、人が集まるような場所を作りたくて「老若男女集まるにはクレープ屋だ!」と、思いクレープ屋をはじめる。

多くの人に生きる喜びを伝えていきたいです。

このままでは人間は人工知能に支配される。と、本気で思っている(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です