松山 英会話カフェ

松山市にあるクレープ屋Hi5(ハイファイブ)です。

僕が海外を旅行していた時、まったくと言っていいほど
英語が話せませんでした。
「Where are you from?」
「Im from Japan」
日本のどこ?って聞かれても
[Shikoku island Ehime]と言っても殆ど理解してくれません。
僕はそれから「osaka」と答えるようになっていました。

日本の

英会話

に対する教育や環境は
発音が良ければ茶化されて、発音が悪ければ笑われる。
そんなふうに僕は感じていました。

しかし、英語はコミュニケーションのツールであって
できるからすごい!と、言ったことではないのです。
伝えようとすれば伝わるし、多少変な言い回しでも通じるものなんです。

日本で外国人観光客に
[Excuse me Do you speak English?]
と、聞かれたらみなさんは何て答えますか?
[No][Sorry I dont speak English]でしょうか?
外国人からすれば

[Do you speak English]は理解してるだろうが!

となりませんか?(笑)

僕も、英語が話せないから、せめて「英語は話せないんだ」だけでも覚えよう。
そう思って覚えていましたが、これが覚えれたら後は簡単です。
実践あるのみです。

海外でコミュニケーションが全く取れずに
悔しい想いをしたので
日本でも英会話を日常的に作る環境はないのか?
と、いろいろ調べてみたら

英会話カフェ

なるものがあるではありませんか。

日本に住む外国人と交流して英語を学ぶ。
なんて素敵な場所なんだろう・・・。

しかし、僕の住む松山ではあまりそういった情報は少なく
なかなか見つかりませんでした。

そんな中、自分でこの場所に店を構えた時

気軽に来れる英会話カフェ

を取り入れようと思ったのです。
外国人が好むようなオープンスペースにして
松山在住の外国人や、松山に訪れた外国人観光客に利用してもらい。
コミュニケーションを計る作戦です。

オープンして1年ほどが経ちましたが
日ごろからそういったことを言ってるおかげ?か、どうかわかりませんが
気軽に英会話を話せる場所になってきたと思います。

ALTの先生
英会話塾講師
ボランティアで日本に来てる外国人
外国人留学生
仕事の研修で来てる外国人
外国人観光客

様々な国の人が、日々訪れてきてくれてます。
お店に来てくれた沢山の友達写真

とにかく話す!
とにかく聞く!

最近来てくれているアメリカ人のケイシーとバレットは
いつも英語で話しかけてくれます。
「わからないよ!」と、困った顔しても

ゆっくりとスペルを教えてくれて、自分で意味を理解してみては?
と、丁寧に教えてくれます。

スピード○ーニングも試してみたのですが
「今日のパーティーには青いドレスを着ていくの!」
なんて言葉は不必要だと思って全然頭にはいってきませんでした。

とにかく、日常会話を聞く、覚える、話す。
これですね。

同じ意味でも違う言い回しとか教えてくれるので
面白いです。

みなさんも是非、英会話や海外留学に興味のある方是非お越しください。
素敵な出会いが待っています。

勉強しに行こう!
ではなく、その時が来たら話してみよう!

そんな感じでいいと思います。

実際に外国人のお客さんが来てる時に

英会話に興味のあるお客さんや学生さんが来たら

「話しかけてみたら?」と、声をかけています。

ペラペラと喋る人も居れば、翻訳機を使う人もww

要はコミュニケーションが取れたらそれでいいんです。

日本在住の外国人は日本語能力検定を受けたいから

まさにランゲージエクスチェンジ(語学交換)が実現できるのです。

僕が英語で質問すると、彼らは日本語で答えてくれる。

素晴らしい、トレード。。。

2020年の東京オリンピックには

もっともっと多くの外国人観光客が愛媛、松山にも訪れると思います。

人生の1ページとして、様々な国の方と交流をしてみてはいかがでしょうか?

松山の英会話カフェ

と言えば、あそこに行けばいい。
そんなお店になるように今日も頑張ってクレープ焼きます。

この記事を書いた人

岩井 隼人
岩井 隼人CREPE & CAFE Hi5 オーナー
2009年の東日本大震災をきっかけに【便利になりすぎた日本】で何不自由なく当たり前のように生きている自分が嫌になり言葉も地理も分からない東南アジアを携帯電話やインターネットの環境も断ち、2カ月間バックパッカーをして何も無い体一つの状態で生活してみる、そこで沢山の人々と接して生活していくなかで人とのコミュニケーションの大切さを知る。

コミュニケーションの大切さや日本の良さ、これからの日本のあり方を若者やお年寄りの方と話し合えるような場所、人が集まるような場所を作りたくて「老若男女集まるにはクレープ屋だ!」と、思いクレープ屋をはじめる。

多くの人に生きる喜びを伝えていきたいです。

このままでは人間は人工知能に支配される。と、本気で思っている(笑)

2件のコメント

  1. こんにちは探していた英会話ができるカフェに出会った喜びでいっぱいです70才で現役オーナーで頑張っています近々行きます

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です