英語がしゃべりたい

 

 

世界一願いが叶うクレープ屋です。

先日お店に高校を卒業したばかりの女の子が来てくれました。
「卒業して何するの?」
って聞いたら

「引退していき場を失った競走馬が活躍できる場を作りたいんです」

って言うんですね。

なぜその仕事がしたいのか尋ねてみると
「馬が好きだから」
・地球上に共存している動物なのに人間の都合で命を消されるのが悲しい。
でも、その背景には管理費やいろいろな問題が発生するよね。

等と話していました。

彼女は外国の馬産地を周りたくさんの情報を回りたいのだとか。
そのために大学では英語をたくさん勉強してコミュニケーションをとりたいのだとか。

そこで英語でコミュニケーションをとるのはどうすればいいのか?
どうすれば英語が上達するのか?などを話して

留学も一つの選択ではあるけど、環境ではない、留学しても「勉強するんだ!」
と、いう気持ちが無ければ上達はしないしいずれ嫌いになる。

気軽にコミュニケーションとれるようにと思って
「僕はオープンテラスでカフェをしている。
たくさんの外国人が来てくれるから、チャンスがあれば話してみるといい」

と、伝えていたら
いつもお店に来てくれているディオンとヨハンが。

自己紹介に加え、自分は将来どんな事をしたいのか?
なぜその夢があるのか?
自分は大学でどんな勉強をしているのか?

を、英語で話せるように教えてもらっていて
すぐにノートにメモをとっていました。

環境を変えるのも一つの方法ですが
自分を変えるのが何より大切ってことでした。

いろいろな人が沢山の夢を語り
それぞれの物語を進めているのを見れて
本当に幸せです。

今日も良い一日になりますように。
Have a nice day.

この記事を書いた人

岩井 隼人
岩井 隼人CREPE & CAFE Hi5 オーナー
2009年の東日本大震災をきっかけに【便利になりすぎた日本】で何不自由なく当たり前のように生きている自分が嫌になり言葉も地理も分からない東南アジアを携帯電話やインターネットの環境も断ち、2カ月間バックパッカーをして何も無い体一つの状態で生活してみる、そこで沢山の人々と接して生活していくなかで人とのコミュニケーションの大切さを知る。

コミュニケーションの大切さや日本の良さ、これからの日本のあり方を若者やお年寄りの方と話し合えるような場所、人が集まるような場所を作りたくて「老若男女集まるにはクレープ屋だ!」と、思いクレープ屋をはじめる。

多くの人に生きる喜びを伝えていきたいです。

このままでは人間は人工知能に支配される。と、本気で思っている(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です