クラウドファンディングについて

どうもみなさんこんばんわ。

一年ってあっという間に過ぎますね。

さて、わたくしハリーこと岩井隼人

松山市内に古民家ゲストハウスをオープンさせる運びとなりました。

ただいま絶賛改装中なのですが来年の1月にオープン予定です。

コロナ禍の中なんでこのタイミングでオープンするの?って思われる方も多いと思います。

いつコロナが終息してみなさんが旅に出たり、集まって話したり

そんな日が一日でも早く来てほしいので、先にそのステージを作っておこうと思った次第であります。

そこでゲストハウスを更に快適にするために

クラウドファンディングで資金を集め更なる設備投資をしようと考えております。今回はクラウドファンディングの最後の欄に

【応援の声】として、皆様からの応援メッセージを顔写真付きで掲載したいのです。協力してもいいよ!って方はコメント欄やメッセージにてお知らせください。あまりに数が多いと全ては載せきれませんが【地域活性化】【少子化対策】【教育】【観光】に携わる方からのメッセージお待ちしております。

クラウドファンディングページはまだ公開していませんが、だいたい完成したのを以下に貼っておきますので興味ある方は是非ご覧ください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

はじめまして、岩井隼人(いわいはやと)です。

皆からは「ハリー」と言うニックネームで呼ばれています。

愛媛県生まれ愛媛県育ちです。

 

僕が住んでいる愛媛県松山市とは

松山平野に位置する典型的な瀬戸内海式気候の土地で年間を通して温暖な気候で年間平均気温は16.5度、年間降水量も約1,300mmと年間を通して雨が少なく晴天の日が多い土地柄になります。積雪も少なく、積もっても5cm~10cm程度です。

 

市の南側は山地に囲まれているため、台風や豪雨災害の影響も受けにくくなっています。

都心部に人口が集中していますが、少し南下すれば山や川が広がっているため、都市部と山間部が絶妙に混ざり合った街です。

いくつか観光名所を紹介したいと思います。

 

日本最古の温泉【道後温泉】道後温泉公式HP

難攻不落ともされる【松山城】松山城公式HP

日本三大カルストの一つ四国カルスト四国カルスト

徒歩や自転車でも渡れるしまなみ海道しまなみ海道

海を歩く【シーウォーカー】シーウォーカー

 

 

 

便利な世の中が嫌になり仕事を辞めて海外へ旅に出てみた

2011年の東日本大震災をきっかけに【便利になりすぎた日本】で

何不自由なく当たり前のように生きている自分が嫌になり

 

言葉も地理も分からないまま東南アジアを携帯電話やインターネットの環境も断ち

初体験となる海外生活で2カ月間バックパッカーをして【体一つ】の状態で生活してみました。

そこで地元の人や観光客の人々と接して生活していくなかで

人と人との【コミュニケーションの大切さ】を痛感しました。

 

 

30代になりコミュニケーションの大切さや日本の良さ

これからの日本のあり方を若者やお年寄りの方と話し合えるような場所

 

たくさんの人が集まるような場所を作りたくて「老若男女集まるにはクレープ屋だ!」と、

思い2016年9月からクレープ屋を経営し地元の学生さんや社会人の方たちと

コミュニケーションの大切さについて日々語り合っています。

自身の経営するクレープ屋

年齢国籍問わず、様々な人と触れ合うことにより

人生がより豊かなものになると実感できる。

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

人口減少や高齢化など、さまざまな問題により社会情勢が大きく変化するなか、適切に管理されていない空き家等の増加が問題となっています。人が住まなくなり、適切な管理が行われずに放置された空き家等は、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしています。(火災、空き巣、不法投棄など)

 

空き家になっている古民家を再生し、家を【生き続け】させたい。

①地域交流型ゲストハウス

②地域の学び舎(子供も大人も含めての個性を磨く場を作りたい)茶会、折り紙教室等

③コワーキングスペース(仮称「愛媛県夢発掘プロジェクト」)様々な人が集まって議論する等

 

学生も、大人も、混ざり合い新たなコミュニティを創出する。

様々なイベントを通じ、新しいことに挑戦する事、学ぶ事に喜びを生み出していく。

そんな学びの環境を創出していきたいと考えています。

 

また、愛媛県を訪れる観光客の中には、四国88か所を巡るために訪れている方も多いのですが、外国と比べてバックパッカーが泊まれる場所(安宿)が少ないことに気づきました。   県内外の若者や外国人の観光客の方々が気軽に文化的な交流できる場所とを提供したいと考えたことから、祖父の遺してくれた古民家をゲストハウスとして再生させ 人々のコミュニケーションが図れる場を作ろうと思いました。

 

 

クレープ屋を経営しながら様々な人に利用されるなかで

高校生や大学生は自己表現をすることが苦手な人が多く、店内で外国人の方との交流ができない場面を何度も見てきました。「英語を話したい!」と言う学生さんたちと「日本語を勉強したい」外国人の方に集まってもらい【Langage Exchange】(言語交換交流会)を開催しました。

◆◆ランゲージエクスチェンジの様子◆◆

 

日本文化に興味のある外国人を招き

自身の主催する(着物の会)のイベントの一環で【お茶会】を開催しました。

◆◆お茶会の様子◆◆

 

 

 

ゲストハウスは現在進行形でリフォーム工事中です。

  

男女混合ドミトリー※施工中

女性専用ドミトリー※施工中

2F個室の部屋※施工中

シャワー室※施工中

2Fトイレ洗面台※施工中

1F洗面台※施工中

 

◆自身でも出来る範囲でDIYをして作業を行っています。

 

屋内には長年利用してきた【囲炉裏】があり、8人以上の人が一度に囲炉裏を囲めるほどの大きさを有しており【古民家】の目玉として紹介していきたいです。

 

 

▼プロジェクトの内容

◆全部屋のエアコン取付

◆屋根付き駐輪場を作りバイク乗りの方も安心して来れるようにしたいです。

 

今回のプロジェクトでは皆様からご支援いただいて、全室エアコン設置

屋根付きの駐輪場を作り、バイク旅をしている方も気軽に来れるような宿にしていきたいと思いました。

 

代行運転サービスのある車と違い、バイクに乗る方は友人と集まっても飲酒することが難しく

時間を忘れて食事することが困難なため宿に集まり、各自が共用キッチンを利用し

調理して飲食をしてゆっくり休んで帰る。そのような場所を提供したいと考えてます。

 

バイク王国愛媛だからこそ、バイクに乗る人へ向けた新しいサービスも必要と感じ

屋根付きコンクリート下地の駐輪場設置を考えました。

二輪王国と言われるこの愛媛県で

多種多様な業種の人々が集まり更なる交流が生まれますように。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

今回のプロジェクトを通して、誰も住まなくなった古民家が

もう一度息を吹き返し、生き続けられるようになります。

宿泊所としてはもちろん、日本家屋の良さを活かして

自身が主催している【着物の会】(着物文化に触れ合う会)を通じ

着物の着付け体験、お茶会、俳句会などを開催していきたいと考えています。

 

 

 

それに加えて地元の学生さんを招き、Language Exchange(語学交換会)も開催したいです。

外国人観光客だけでなく愛媛で暮らす外国人も交えて様々な交流できればと思います。

 

 

◆◆着物の会活動報告◆◆

 

この古民家を通じ、人々が交流を深め

皆様の人生がより豊かなものになりますように。

 

学歴(評価点)だけの【教育】に人としての価値観を置くのではなく

それぞれの生き方、個性や感性を大切にしそれぞれの人が自己肯定感を持てるように。

『小学生に入るまでの子育ては愛媛でやろう』

全国、全世界の皆様にそう思ってもらえるような

地域づくりの起点にしていきたいと考えています。

 

愛媛は自然も多く、人も暖かく

とても良いところなので、是非一度お越しください。

 

※コロナウイルスの影響により、リノベーション工事や宿泊招待等のリターンに関しては、延期や遅延が発生する可能性がありますがご容赦ください。

 

※本クラウドファンディングで実施するプロジェクトでは、履行のための民泊届出が必要となります。現在、既に届出の手続きを進めており、本プロジェクト実施である2021年4月1日までには、届出の見込みが立っています。(2020年12月17日現在)

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆【応援メッセージ】ここに載ります。

 

 

この記事を書いた人

岩井 隼人
岩井 隼人CREPE & CAFE Hi5 オーナー
2011年の東日本大震災をきっかけに【便利になりすぎた日本】で何不自由なく当たり前のように生きている自分が嫌になり言葉も地理も分からない東南アジアを携帯電話やインターネットの環境も断ち、2カ月間バックパッカーをして何も無い体一つの状態で生活してみる、そこで沢山の人々と接して生活していくなかで人とのコミュニケーションの大切さを知る。

コミュニケーションの大切さや日本の良さ、これからの日本のあり方を若者やお年寄りの方と話し合えるような場所、人が集まるような場所を作りたくて「老若男女集まるにはクレープ屋だ!」と、思いクレープ屋をはじめる。

多くの人に生きる喜びを伝えていきたいです。

このままでは人間は人工知能に支配される。と、本気で思っている(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です