クレープ屋開業までの道のり「ここでやってみるか?」と、言われてからの3カ月

松山市にあるクレープ屋CREPE & CAFE Hi5です

ここでやってみるか?と、言われてからの3カ月。

場所は松山でも交通量の多い角地。

この場所でやってみるか?と、言われて正直

「建物ないじゃんww」って思いました。

ふと思い出しました

~2011年3月11日~

東日本大震災がありました。

そのとき僕は知り合いの飲食店など10店舗に義援金箱を置かせてもらい

1年間ではありますが日本赤十字を通じて義援金を送ることしかできませんでした。

「この義援金は何に使われてるんだろう?どの地域の人に使われてるのだろう?」

何らかの形で役にたってはいるのだろうけど、その疑問だけが残りました。

 

その時の記憶がなぜか脳裏を過ぎり

【緊急時に移動できる飲食店にしよう!】

と、ひらめいたのです。

被災者の方をテレビでしか見ることがなく、配給の様子などを毎日のように目にしていました。

 

「被災者の方でも選べる自由はあってもいい」

今日は、カレーです。

今日はトン汁です。

では、なく。

【被災者の人も今日は食べたいモノを食べ、町の復興に励む】

そこで思いついたのが頑丈な輸送用コンテナ。

この輸送用コンテナを使って、移動できる店舗を作ろう。

緊急の災害時には店舗ごとトレーラーに載せて

被災地に移動し一緒に街を復興していく手伝いがしたい。

今までの経験や思った事、すべての点が線になって繋がっていくのを実感しました。

いつになるかわからないけど将来は【災害地復旧支援の飲食スペースをコンテナ群】で作るのが夢です。

このようなコンテナ店舗を5機~10機

被災地に持っていき復旧活動のお手伝いと、食の大切さ、有難さをより多くの人に再認識してもらいたい。

そんな想いからすぐに先輩の車屋さんに相談しに行きました。

先輩は「おもしろい、発想がじつに面白い」そういってくれました。

そして、「そのコンテナ是非作らせてくれない?」と、手を挙げてくれました。

コンテナを改造するには愛媛県の近くにそういった工務店は無く、どうしようかと悩んでた時だったのでとても助かりました。

さっそく車屋さんと相談し

中古コンテナを手に入れてもらいました。

店舗に改造するまでの場所とかも色々困ってたので

車屋さんの工場に置かせてもらった作業できたのは本当に助かりました。

コンテナが届いてからどのような内装にするか?

自分なりに考えては先輩(車屋)さんに毎日のように通い

いろいろと相談しました。

専門的なCADや建築での技術はないので

エクセルで下のような簡単な図を見せて作ってもらいました(笑)

さすが車屋さんだけあって穴を空けたり加工したりはお手の物。

板金のプロフォッショナルですからね。

その間も、知り合いの飲食店などに足を運び

同じぐらいの幅のスペースで

実際のキッチンではどのような設備が必要なのか?

実際にスケールで測らせてもらったりしました。

そうこうしていると着々とコンテナは仕上がってきます。

しかし、このときはまだ「何屋をするのか?」

はっきりとは決まっていませんでした。

一方現地ではコンテナに合わせて水道の給水と排水の工事が進められていました。

知り合いの水道屋さんなのでいろいろと無理を言っちゃいましたが

なんとかコンテナとの図面を照らし合わせて配管してくれました。

そうこうしているうちに車屋さんでできる(板金、塗装、断熱材を入れる)作業が完了したとの連絡が。

あとは現地で仕上げていくとのこと。

これまた知り合いのクレーン屋さんと運送屋さんに相談し日にちを決める。

本当にたくさんの人に支えられてるんだなあ、とあらためて実感。

 

給水と排水の配管もバッチリ!

ここから急ピッチで内装やお店らしくなるように

作業が進められていきます。

このあたりからクレープ屋が近くにないのでクレープをやろう!って思い始めるのですが、そもそもクレープ屋で働いたことのない僕は

どんなクレープが人気なのか?

それを知るために「若者の集まる街」大阪へと旅立ちました。

大阪の知り合いに「クレープ屋を始めたいから人気のクレープ屋を案内してほしい」

と、伝えて、連れていかれたのが
クレープリー・アルション でした。

そうです、当店の人気クレープ

【バターシュガーアーモンド】は

このお店のクレープがモデルになってるのです。

食べた時は衝撃的でした。

今まで自分が想像していたクレープとは違い

サクッと軽く、素材の味がシンプルに味わえる。

 

さっそく愛媛に戻り何度も試作を重ねて完成したのが

なのです。

とっても美味しいので一度食べてみてください。

老若男女すべての人に一度は食べてもらいたい!と、言う思いから

このような値段設定になっております。

大阪から帰ってくると

着々と工事が進行していて驚きました。

本当に僕の「無理な要望」を

何度か嫌な顔はしましたがww

最後までこなしてくれた大工さんには感謝ですw

あれよあれよと、お店が完成していくのに

クレープを焼いたり、巻いたり。

実践をしてない自分がここには居ました。

でもなんとか夜な夜な練習をしてなんとかなりました。

オープンしたばかりの時は雨ばかり続いたので思うようにはいきませんでした。

ここから僕のクレープ屋としての物語が始まるのでした。

 

僕の目的は

皆さんの人生の【きっかけ】【つながり】【絆】をコンセプトに

生きてるうちには地震大国日本で

自然とうまく付き合いながら生きる国にできればなと思ってます。

コンテナ群での飲食ブースをはじめ、居、食、住すべてのことに困らないよう

みんなで【きっかけ】をつくり【つながり】を持ち【固い絆】で支え合う

素晴らしいコミュニティが繁栄すればいいなぁと切に思っております。

自然と共に、自分らしく人間らしく。

この記事を書いた人

岩井 隼人
岩井 隼人CREPE & CAFE Hi5 オーナー
2009年の東日本大震災をきっかけに【便利になりすぎた日本】で何不自由なく当たり前のように生きている自分が嫌になり言葉も地理も分からない東南アジアを携帯電話やインターネットの環境も断ち、2カ月間バックパッカーをして何も無い体一つの状態で生活してみる、そこで沢山の人々と接して生活していくなかで人とのコミュニケーションの大切さを知る。

コミュニケーションの大切さや日本の良さ、これからの日本のあり方を若者やお年寄りの方と話し合えるような場所、人が集まるような場所を作りたくて「老若男女集まるにはクレープ屋だ!」と、思いクレープ屋をはじめる。

多くの人に生きる喜びを伝えていきたいです。

このままでは人間は人工知能に支配される。と、本気で思っている(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です