宝箱と鍵の話 子育て奮闘中のお母様

🗝

【宝箱と鍵の話】

子育て奮闘中のお母様たち。



今日はInstagramで見つけてくれて

宝箱と鍵の話を聞きに来てくれました。



これからの日本について…

個性溢れる楽しい人々が輝けるようき

今よりもっとニコニコ暮らせるように。



自分たちにできることは何か?

また、子供達にしてあげれることは何か?

などなど、2時間ぐらい話をしました。





僕はまだ結婚もしてなくて

子供も授かっては居ませんが

そうなった時はまた新しい何かを感じ

(生き方)について考えるんだろうなぁ〜って。



このお母様方は

本当に子供の意見を尊重しながらも

子育て、教育に関して真剣に向き合っているんだなぁ。

と、本当に凄いと思いました。



他所は他所、ウチはウチ。

それぞれの家庭環境の中で育ち

それぞれの家庭環境の中で子育てをする。



こうやって良いものは受け継がれていくのですね。

日本の文化や歴史も同じように

後世に継承していくのも



今の大人たちの

役目なのかもしれません。



この記事を書いた人

岩井 隼人
岩井 隼人CREPE & CAFE Hi5 オーナー
2009年の東日本大震災をきっかけに【便利になりすぎた日本】で何不自由なく当たり前のように生きている自分が嫌になり言葉も地理も分からない東南アジアを携帯電話やインターネットの環境も断ち、2カ月間バックパッカーをして何も無い体一つの状態で生活してみる、そこで沢山の人々と接して生活していくなかで人とのコミュニケーションの大切さを知る。

コミュニケーションの大切さや日本の良さ、これからの日本のあり方を若者やお年寄りの方と話し合えるような場所、人が集まるような場所を作りたくて「老若男女集まるにはクレープ屋だ!」と、思いクレープ屋をはじめる。

多くの人に生きる喜びを伝えていきたいです。

このままでは人間は人工知能に支配される。と、本気で思っている(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です