日本の警察官は英語が喋れない?

🇱🇹

リトアニア共和国を出発して

旅をしている男性のお話。

http://crepeandcafehi5.com/wp-content/uploads/2019/01/img_3477.mov



先日、お店も終わり夜中の2時頃帰ろうとしてると

隣のコンビニで何やら騒ぎが



1人の外国人男性が

警察官10人ぐらいに囲まれている。



男性は旅の途中で

コンビニで少し寝てしまってたら

警察官に囲まれてたって話。



警察官は10人も居て

英語を話せる人は1人もいませんでした。



「ホテルどこ?どこに泊まるの?」

と、日本語ゴリ押し。



外国人男性は日本語をほとんど理解しておらず

「なんだこの警察官たちは!俺が何をした」パニック状態?!



外国人を、店に招き入れ

「コンビニで寝てしまったから、お店の人が心配、または迷惑で警察が来たんだよ。」



彼を店に入れると

警察官たちは帰って行きました。



翌日、リトアニアの男性は

僕が出勤するのをずっと待っててくれました。

「ありがとう」を伝える為だけに。



男性は、ヒッチハイクで世界中を旅してる事。

旅の中で自分のジャグリングパフォーマンスで

たくさんの子供の笑顔を見ている事。

などを話しました。



僕も英語は出来る方ではありませんが

彼の言いたいことはだいたい伝わり

僕の言いたいことも伝わってるように思いました。





2020年、東京オリンピックに向け

外国人観光客はまだまだ増えるのに

警察官が英語を出来ない問題はどうするのでしょう?

100歩ゆずって翻訳機を用いてコミュニケーションをとれるぐらいにはしておけばいいのになぁ。と、思いました。



この記事を書いた人

岩井 隼人
岩井 隼人CREPE & CAFE Hi5 オーナー
2011年の東日本大震災をきっかけに【便利になりすぎた日本】で何不自由なく当たり前のように生きている自分が嫌になり言葉も地理も分からない東南アジアを携帯電話やインターネットの環境も断ち、2カ月間バックパッカーをして何も無い体一つの状態で生活してみる、そこで沢山の人々と接して生活していくなかで人とのコミュニケーションの大切さを知る。

コミュニケーションの大切さや日本の良さ、これからの日本のあり方を若者やお年寄りの方と話し合えるような場所、人が集まるような場所を作りたくて「老若男女集まるにはクレープ屋だ!」と、思いクレープ屋をはじめる。

多くの人に生きる喜びを伝えていきたいです。

このままでは人間は人工知能に支配される。と、本気で思っている(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です